上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言うの忘れたけど歴史とか言ってる割にはタイトルは年代順ではなかったですね。

では続き…

■ポケットファイター

可愛らしく二頭身にデフォルメされたキャラに目が行きますが、その実しっかり作り込まれたゲームでした。

今作もX-MEN VS ストリートファイターのようにカーソルを右上だか左上の空白に合わすと出現する隠れてない隠しキャラ。

但しどちらかはダンなので気をつけましょう^^

今作の豪鬼は全キャラ中唯一初段ヒットで全段繋がるフラッシュコンボルートを持っていました。

もちろんこれだけで拳を極めし…(略

さらに特徴的なのは【百鬼襲】です。

百鬼襲とはコマンド入力後に飛び掛かりボタンと相手との間合いによって打撃、投げと派生するリュウ、ケンにはない豪鬼特有の必殺技です。

ZERO2などでは百鬼襲からの投げである百鬼豪砕から画面端なら豪昇龍拳での追撃。

ZERO3ではオリコンで大活躍の技でもありました。

さて、ポケットファイターで強いのは百鬼襲からの投げ技派生の百鬼豪砕です。

今までの百鬼豪砕は相手の頭上でしか投げられないものでしたが
ポケファイの百鬼豪砕は投げ掴み判定が広すぎて
完全に頭上を通り越してめくっているにも関わらずポイポイ掴めます。

むしろ狙いはそれ。非常に返されづらいです。

瞬獄殺はなんと贅沢に2パターン用意されており、一つは従来のものともう一つはヒット時の攻撃内容が見えるものでした!!

強さ=★★★★★

■ストリートファイター3 2nd インパクト

さてスト3にもようやく登場の拳を極めし者。

この作品自体もとからぶっ壊れてたんで、豪鬼も相当ぶっ壊れてましたw

まずは天魔空刃脚。

…打点関わらずヒットすれば地上技まで連続ヒットします。

空刃脚出始め、頭上頂点で受けても有無をいわさず地上コンボです。

雷撃蹴涙目。
それ以上に相手涙目。

次…

近中Kのヒット時のけぞり硬直が大攻撃のそれ。

…中攻撃の全体モーションは当然短いのに、相手ののけぞりは大攻撃です。

はい、超有利です。

目押しで様々な通常技が繋がり、スーパーコンボもノーキャンセルで繋がる。

尚且つ下ブロッキング不能技。

スーパーコンボも滅殺豪螺旋が減るわ減るわ。

使ってる方も( ゜Д゜)な顔になるくらい強かった!

この豪鬼は本当に強かった!!(いぶき、ユンも相当狂ってたが)

真・豪鬼じゃないのに真・豪鬼のようでした。

瞬獄殺もモーションやエフェクトが書き直されて一層かっこよくなりましたね。

強さ=★★★★★

■ストリートファイター3 3rd ストライク

さすがに普段の豪鬼に戻された。

体力面でハンデがあるものの百鬼襲などが追加されて動きに幅が出て魅了されるプレイヤー多数。

2ndインパクトのEDで使用した金剛國烈断を使えるようになったのも驚きで

遠距離強Kから瞬獄殺が繋がり豪鬼としたは初めて瞬獄殺をコンボに組み込めた作品でもありました。

余談ですが真・豪鬼の瞬獄殺はあらゆる打撃のけぞりを掴みました。

頭蓋破殺 → 瞬獄殺もコンボ表示で17HITになりました。

強さ=★★★

■カプコン VS SNK

レシオ4固定の豪鬼。

そう、場合によっては一人でレシオ1×4を相手にしなければならないのです。

なんという多勢に無勢ゲー。

この豪鬼もタイムリリースというか隠しキャラなんで今まで同様強いのですが…

なんといってもやはり瞬獄殺!!

暗転後密着なら確定なのは当然で多少離れていても強制停止の恩恵で問題無し!

そしてジャンプのしがかり、ほかの投げでは飛ばれてしまうタイミングすら掴む!!

スタンガンヘッドバットも真っ青の性能ッ!

これにより屈中K → 瞬獄殺がヒットガード関係無くほぼ確定となります。

威力は当然レシオ4固定の拳を極めし者なのでレシオ1の体力全消しまでありまさに瞬獄殺オブ瞬獄殺といえるでしょう。

ただ1対4て…。

強さ=★★★

■カプコン VS SNK2

個人的に一番好きな豪鬼。

オリジナルコンボも派手。

百鬼襲の使い勝手がポケファイに次いで良く、

打点によっては有利を取れ、受け身狩りにも使える百鬼豪掌。

位置に関係なく豪昇龍拳による追撃が入り、前転なども軽く投げる百鬼豪砕が同じ入力で出せるので強力でした。

ただ体力の低さは相変わらずで主にレシオ1で使用される事の多かった豪鬼の体力はわずか9800でした。

※参考

レシオ2豪鬼だと12800。
レシオ2ザンギエフが15800。
LV3ファイナルアトミックバスターや瞬獄殺のダメージが7000。

瞬獄殺は安定後密着なら確定というスタンダードな性能ながら、

前転やステップから…

打点高め空刃脚から…

竜巻スカしから…

頭蓋破殺空キャンからなど普通のコマンド投げ感覚で使え凡庸性に優れ、なかでも

相手の起き上がりに滅殺豪波動と瞬獄殺は神の二択とされ某ウメ○ラがもの凄いプレッシャーをかけて繰り出していたのを今でも覚えています。

強さ=★★

■SVC CHAOS

斬空波動拳の軽さは異常。

ただそれに比例するような作り手の気持ちの軽さも異常。

コンボはSNKらしく

(天魔空刃脚 → 斬空波動拳×ゲージがなくなるまで)

豪昇龍拳 → 6強K×ゲージがなくなるまで)

滅殺豪波動ややられ判定ない空中やられ中にも百鬼豪掌がヒットなどコンボパーツには困らなかったですね。

本作の瞬獄殺は体力ゲージが半分になれば一試合中一度だけ使える扱い。

ですが、今までのように超高速で入力するとまず出ません。

これが超落とし穴です。

一つ一つ

ポン

ポン

コン(レバー)

ポン

ポン

とやらないと出にくいとか瞬獄殺の快感台無しですw

強さ=★★

とまあ、語りっぱなしで一部真・豪鬼、実写スト2の豪鬼やメカ豪鬼、豪鬼人形wやシルバーサムライなどは割合してしまいましたが
一重に豪鬼といえど千差万別の変化があったんですね。

そんなこんなでスト4の解禁日が楽しみであります。

ありがとうサガット…

お前は強かったよ…

しかし

間違った強さだった…。

コメント一覧

コメントの投稿


管理者だけに表示を許可する

トラックバック

http://kiritoblog.blog11.fc2.com/tb.php/794-dce100ec

 | HOME | 

topRecentsarchivecategorylinkserchother
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。